FX VPS比較
 

FX専用の国内VPS業者を比較しています。

FX専用VPSを利用する目的:EA(自動売買)を24時間稼働させるため

特徴1:自宅PCでの勝手な再起動や、フリーズ等のリスクが少なく安定的にEAを24時間稼働

特徴2:外出先PCまたはスマートフォンからMT4の操作が可能

特徴3:自宅PCをフル稼働させることによる故障リスクの回避が可能

特徴4:自宅PCがOFF停電、災害発生時でも取引が止まることなく継続的に自動売買

2020年10月時点

VPS業者

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4

 

 

 

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4

最新のWindows Server 2019を採用し、ドライブにSSDを採用したFX専用VPSサーバー
項目\プラン名
1.5GBプラン2GBプラン4GBプラン8GBプラン
仮想CPU数2コア3コア4コア8コア
メモリ1.5GB2GB4GB8GB
ドライブ容量60GB(SSD)120GBSSD)150GB(SSD)200GB(SSD)
MT4最大

同時稼働推奨数

348
1か月契約料金※1月額1,950円月額2,500月額4,300円月額6,400円
6か月契約料金※1月額1,755円
月額2,250円
月額4,020円
月額5,950円
12か月契約料金※1月額1,560円
月額2,000円
月額3,600円
月額5,500円
※1 別途消費税が発生します。 ポイント:1.5GBプラン及び2GBプランは初回割引キャンペーン中

【FX専用VPS】使えるねっと

 

 

 

 

 

 

 



最新のWindows Server 2019を採用し、ドライブにSSDを採用したFX専用VPSサーバー
項目\プラン名
シルバーゴールドプラチナ
仮想CPU数3コア4コア6コア
メモリ2GB4GB8GB
ドライブ容量50GB(SSD)100GBSSD)200GB(SSD)
MT4最大

同時稼働推奨数

346
1か月契約料金※1月額2,980円月額5,880月額7,880円
6か月契約料金※1月額2,680円
月額5,480円
月額7,280円
12か月契約料金※1月額2,480円
月額5,280円
月額6,880円
※1 別途消費税が発生します。 ポイント:長年のVPS運用実績で安定性は非常に高い 

FX専用VPS 導入方法

実際のVPS導入例

導入方法はいたってシンプルなので、どなたでも簡単に操作が可能です。ここでは「お名前.comデスクトップクラウド for MT4」を利用して説明します。
①登録時に設定したパスワードを入力して「コントロールパネル」にログインします。
②ログインするとコントロールパネルのホーム画面が表示されるので、「リモートデスクトップ」をクリックします。
③RDPファイル(VPSサーバーにログインするためのファイル)をダウンロードします。
④ダウンロードしたファイルをクリックすると接続の確認画面が表示されます。
⑤パスワード入力画面が出てくるので、コントロールパネルにログインする時のパスワードを入力。
⑥これでVPSサーバーのPCを操作できる状態になります。
後は自分のパソコンを操作するのと同じように、MT4をインストールしてEAを適用後にMT4を起動したまま、VPSサーバーからログアウトすれば
MT4でのEA(自動売買)の24時間稼働が実現されます。

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。 | GogoJungle

 

おすすめの記事