EAつくーる web版の使い方

EAつくーるはソフトをダウンロードして利用する方法とGogoJungleのマイページからログインして利用できる「EAつくーるweb版

を利用するの二つの方法があります。今回はweb版の使い方について記事にしたいと思います。

なお、作成例として下記の「EAつくーる作成例 移動平均線2本クロスでエントリーするEAの作り方」の記事と同様の条件を設定します。

※EAつくーるweb版を利用するにはEAつくーるのライセンスを購入している必要があります。

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!

GogoJungleマイページにログイン

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ログインすると、左のメニューに「利用する β版」の項目がありますので、クリックすると「EAつくーる」の項目が出てきます。

基本項目

基本項目はロット数、損切り(ストップロス)、利食い(テイクプロフィット)などの項目を設定します。
こちらについてはソフトウェア版と同様です。

取引条件

メニューの取引条件をクリックすると、「条件を追加」という点線で囲まれた長方形が表示されるので、これをクリックします。


すると、条件1の設定という項目が出てくるので、ここをクリックします。


「25日移動平均線が75日移動平均線とゴールデンクロスした場合、買いエントリー

「75日移動平均線が25日移動平均線とデッドクロスした場合、売りエントリー」というEAを作成するための、条件を入力します。

※上記画像はソフトウェア版です。

ソフトウェア版で入力した通りの条件をweb版でも同じように入力していきます。


ソフトウェア版の条件1と同様の内容を入力します。


条件2を追加する方法は「条件1の設定」の下にある「+」マークを押すと、

「条件2の設定」という項目が出てくるので、ここをクリックしてソフトウェア版の条件2と同じ内容を入力していきます。

※上図の意味は条件1と条件2はANDの関係というものです。


条件2を入力が終わったら、その下の「買い」というところをクリックします。※初期値は「買いエントリー」となっているので、このままでOKです。


 

今度は売りエントリーを設定するため、「条件1の設定」の隣の「条件を追加」をクリックし、条件3及び条件4を作成します。

最後に取引種別を「売りエントリー」に設定したら、これで取引条件の入力は以上となります。

オプション

オプション項目はソフトウェア版と同様、トレーリングストップの設定をしたり、時間帯の取引条件を追加することが可能です。

オプションもすべて設定し、完成したら「セーブ」ボタンを押しEAの条件データが保存されます。

作成したEAのダウンロード

 

左メニューの「EA一覧」をクリックすると「ダウンロード」のボタンが出てくるので、これをクリックするとEAのダウンロードが可能です。


ソフトウェア版とweb版もどちらも同じことができるので、使いやすい方を利用してみてください

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。 | GogoJungle

 

おすすめの記事