フォワードテストの方法

フォワードテストとは

フォワードテストとは、MT4でEA(自動売買プログラム)をデモ口座またはリアル口座で実際に運用し、

バックテストの有効性を検証する作業を指します。リアルなトレードデータが反映されるため、

EAの実力を測るにはフォワードテストを行うのがベストです。

フォワードテスト環境の事前準備

REAL TRADE(旧みんなのMT4)
GogoJungleさんが提供しているMT4のトレード実績を公開するサービス
「REAL TRADE」を利用します。※GogoJungleの会員登録が必要です。

REAL TRADEの設定①

GogoJungleのマイページにログインすると、上図のマイページトップ画面が表示されるので、

左のメニューから「REAL TRADE」⇒「アカウント情報」をクリックします。


初期状態だと何も表示されていないかと思います。「+」のボタンをクリックし追加します。

上図のように新規追加されたことを確認します。

次に「exダウンロード」をクリックし、MT4とREAL TRADEをリンクさせるために必要なファイルをダウンロードします。

MT4の準備

MT4を立ち上げ、「ファイル」⇒「データフォルダ」を開きます。

先ほどダウンロードしたファイルの中にある「MyAccount_ver4.3.ex4」を「MQL4」フォルダの「Experts」フォルダの中に入れ、MT4を再起動します。


MT4を再起動後、ナビゲーターのエキスパートアドバイザに「MyAccount_ver4.3」が表示されているのを確認し、
これをチャートにドラッグ&ドロップします。

「ライセンスキーを入力してください。」という項目が出てくるので、先ほどのGogoJungleマイページに戻ります。


ライセンスキーの下に「表示する」というボタンを押すとライセンスキーが表示されるので、これをすべてコピーし、

MT4にライセンスキーを入力します。


チャートの左上に「ライセンスキーの認証が正常に完了しました。」と出ていれば、MT4とREAL TRADEのリンクが完了です。



REAL TRADEの設定②

GogoJungleのマイページに戻り、アカウント設定をクリックします。


アカウント名ここで設定した名前が、REAL TRADEに公開されます。
トレード分析方法
「ファンダメンタル」または「テクニカル」のどちらの手法がメインかを選択できます。
トレードタイプ
「裁量」「自動」「混合」の中から選択します。
アカウント情報
特段何もない限りは公開にします。
トレード履歴
取引の結果を公開または非公開を選択します。
口座番号
MT4の口座番号を公開または非公開を選択します。※非公開にしても問題ありません。
ロット数
ロット数(取引数量)を公開または非公開を選択します。
初期額
口座に入金した金額を公開または非公開を選択します。
保有ポジション数
リアルタイムの取引状況を公開または非公開を選択します。

ホームページまたはブログへの掲載

ホームページやブログをお持ちの方は、当ブログの「無料EA一覧」で掲載しているようなフォワードテストのリアルタイムのグラフを掲載することが可能です。


GogoJungleマイページの「ブログパーツ」をクリックし、下部のコードをそのままブログ等に張り付ければ表示されますので、ぜひ試してみてください。

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。 | GogoJungle

 

おすすめの記事