ADXのクロス(+DI、-DI)でエントリーするEA

ADXとは?

ADXとは、相場の上昇トレンドまたは下降トレンドの強さを測る指標として、

FXトレーダーの人気テクニカルのひとつとして利用されています。

+DIは上昇の強度、-DIは下降の強度を表し、ADXは全体的なトレンドの強さを表します。+DIとーDIが乖離するほどADXは上昇します。

取引のイメージ

黄線は25日SMA(単純移動平均線

+DIとーDIがクロスし、かつ移動平均線が上昇または下降状態、ローソク足が移動平均線より上または下の状態でエントリーするEAを作成します。

 

今回作成するEAの買いエントリー条件は、「移動平均線が上昇し、ローソク足が移動平均線より上の状態で、+DIがーDIとゴールデンクロスで買いエントリー

売りエントリーの条件は、「移動平均線が下降し、ローソク足が移動平均線より下の状態で、-DIが+DIとゴールデンクロスで売りエントリー」となります。

EAつくーるに条件を入れる

始めにEAつくーるを立ち上げ、ログインをして下さい。

※なお、EAつくーるをお持ちでない方は別途ライセンスを購入してください。

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!

買いエントリーの条件

売買条件1:2本前の期間10のADX +DIの指標線 < 2本前の期間10のADX -DIの指標線の場合買いエントリー
売買条件2:売買条件に加えて1本前のADX +DIの指標線 > 期間10のADX -DIの指標線
売買条件3:売買条件に加えて1本前のローソク足の終値 > 1本前の期間25の単純移動平均線
売買条件4:売買条件に加えて2本前の期間25の単純移動平均線 < 1本前の期間25の単純移動平均線

売りエントリーの条件

売買条件5:2本前の期間10のADX -DIの指標線 < 2本前の期間10のADX +DIの指標線の場合売りエントリー
売買条件6:売買条件に加えて1本前のADX -DIの指標線 > 期間10のADX +DIの指標線
売買条件7:売買条件に加えて1本前のローソク足の終値 < 1本前の期間25の単純移動平均線
売買条件8:売買条件に加えて2本前の期間25の単純移動平均線 > 1本前の期間25の単純移動平均線
それぞれの条件の意味が知りたい

売買条件1と2は+DIがーDIとのゴールデンクロスを認識させる条件を入力しています。

売買条件3は移動平均線(25SMA)よりローソク足の終値が上にあることを認識させる条件を入力しています。
売買条件4は移動平均線の傾きが上向きであることを認識させるための条件を入力しています。

売買条件5と6はーDIが+DIとのゴールデンクロスを認識させる条件を入力しています。

売買条件3は移動平均線(25SMA)よりローソク足の終値が下にあることを認識させる条件を入力しています。
売買条件4は移動平均線の傾きが下向きであることを認識させるための条件を入力しています。
買いエントリー、売りエントリー、決済条件が揃いました。これをバックテストしてみます。

バックテスト結果

SL:10 TP:300 ロット数:1(1万通貨) トレーリングストップ:30

取引回数が結構多いですが、フィルタリングを行えば良いEAになる可能性がありそうです。

 

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。裁量・EAのポジションを監視して、有利な決済(キャンドルストップ、ブレークイーブンストップ、平均足判定など)をサポートします。複数ポジションに対して、纏めて適用することが可能です。 | GogoJungle

 

おすすめの記事